ブルーベリーの種類

一口にブルーベリーと言っても、実は数百にも及ぶ種類があることをご存知ですか?
野生種と栽培種を合わせると非常にたくさんの種類があるのです。
実は「ブルーベリー」とは、それらの「総称」「俗名」に過ぎません。
主な品種として、下記があげられます。

ハイブッシュ系

アメリカ北東部を原産とする栽培種ブルーベリー。主に生食用です。大きめの粒が特徴。
日本で栽培されるブルーベリーは、この品種がほとんどです。ちなみに日本では、東京都小平市・山梨県北杜市・茨城県つくば市が日本三大ブルーベリー産地になります。

ノーザン(北部)ハイブッシュ系

アメリカ北部原産の栽培種ブルーベリーです。寒さに強いため、寒冷地を中心に栽培されています。
乾燥には弱いという弱点があります。大粒で酸味と甘味のバランスがとれているものが多いです。果肉が硬く日持ちがいいです。

サザン(南部)ハイブッシュ系

ハイブッシュ系に近い味を持つ暖地栽培に適したブルーベリー。
寒冷地向けのハイブッシュ系を温暖地向けに改良したもので、場所問わず栽培できるので、初心者の方でも比較的カンタンに栽培できる品種です。

ラビットアイ系

ウサギの目のように赤くなることから名付けられた品種です。ハイブッシュ系よりも比較的小粒ですが甘みが強い味で人気のある品種です。寒冷地での栽培には向いていません。

ローブッシュ系

野生種の一種で、アメリカやカナダなどで自生している品種です。ワイルドベリーなどとも呼ばれています。
果実は小さく濃い紫色をしています。風味が良く、加工品に適しているのでジャム、ソース、ドライフルーツなどになっています。

次は→ブルーベリーの栄養素は?

ヒアルロン酸パワー!奇跡のフルーツ!ブルーベリーパワーで健康になろう!

今CMで注目のブルーベリーサプリメント!

ブルーベリーの学術、効果情報を知る!

ブルーベリーの効果や使用者の声が充実!
ブルーベリーの効果