美容目的のアロマテラピー等で必ず名前を聞くのが「ローズオイル」ですね。

美肌ケアにも有名ですが、それ以外の効能やローズオイルにも種類があることを知っていますか?

ローズが持つ素敵なパワーやその様々な効能、また、つい間違いがちな「ローズヒップオイル」との違い等もご紹介・解説します。

ローズの力って?

ローズの力が注目され、人々に使用されていたのは今に始まったことではありません。

なんと4000年も前、古代エジプト時代から使われてきたのです。クレオパトラもローズも愛していたそうです。

また古代ローマの時代でもローズオイルやローズ・ウォーターといったローズの力が活用されていた記録が残っています。

今と同じように、摘みたてのローズの花びらをお酒などの飲み物の中に入れたり、お茶にしたり、ローズジャム等にも利用されていたようです。

それだけローズの力は太古より人々を魅了してきたということですね。

ちなみに、ジャスミンが精油の王様と言われるのに対しローズは精油の女王と呼ばれています。

ローズオイルの種類と効能

ローズの力を知ったところで、次に知っておきたいことはローズの種類について。

一口にローズといっても種類があることをご存知ですか?

ローズの種類はトルコ等で産出されているセンチフォリア種ローズから抽出されるローズアブソリュートとブルガリアで産出されるダマスクローズから抽出されるローズオットーがあります。ここでご紹介するのは「ローズオットー」と呼ばれるものです。

そもそも、この二つは品種も抽出方法も違うため、香りや品質も違ってきます。

ローズオットーのオイルは非常に貴重なオイルになります。

先ほど紹介したブルガリア産のローズの高級品種、ダマスクローズ3.5tを使用して、やっと1kgのローズオイルが抽出することができます。またブルガリアの国立研究所で厳しく品質管理されています。

産出国のブルガリアでは金と同じくらいの価値があると言われています!

そんなローズオイルの効能ですが、箇条書きでまとめてみると

  • 美肌効果(お肌のキメを細かくし整えてくれます。)
  • 育毛効果(女性ホルモンを活発にすることで男性ホルモンの活動を抑制。抜け毛を抑えます)
  • 体臭改善、口臭改善(消臭作用があるようです。)
  • 月経不順改善、月経痛などの婦人病系への改善効果
  • イライラ改善など精神的ストレスや不安定な状態の改善(抗うつ作用もあると言われています)

などがあげられます。

ホルモンバランスを整えてくれる効果があると言われているので、出産後の精神的ケアにも活用できそうですよね。

このように女性には嬉しい効能ばかりですが、この中で男性にも嬉しい「体臭改善・口臭改善」にも注目したいところです。
ローズは、「飲む香水」とも呼ばれていることをご存知ですか?

ローズは消臭作用が期待できるだけでなく、ローズオイルによっては体臭や口臭までもローズになるなんてことも!

加齢臭などに悩んでいる男性はエチケット対策としてローズオイルを摂取すると、周りの人から一目置かれるかもしれませんね。